もったいないバッグ

日経の夕刊の「こころの玉手箱」というコラムが結構好き。
6/9の夕刊にミシンで有名な企業の会長のコラムが掲載されていた。
私の目を釘付けにしたのは思い出深いネクタイで作られた書類バッグ。
矢羽?のようにピースワークされてネクタイといえば素材は絹。
シックな色合いからなのだろうか、写真を観た感じは和風の雰囲気。 素敵。。。
でもなによりも会長の文章にとても感銘を受けた。

単に「物を失って惜しい」のではなく
「物が出来上がるまでの苦労やそこに込められた心が無駄になるのが惜しい」
親しい人々にプレゼントされた思い入れのあるネクタイ。素材も良質。
死滅させてしまうのは「本当にもったいない」とのこと。。。 

記事の余韻にしばし浸っていたが、ふっと気がついた。 
私の新しいミシンはブラザーだったことを。。。

b0145842_8502345.jpg

[PR]
by rico1118 | 2009-06-11 09:16 | Other
<< こむぎ 本棚の整理 >>